スニーカーのオーダーメイドインソール制作対応例:ベルシャンオーダーメイドインソール

スニーカーのインソール対応例


多くの方が、大きいスニーカ−を履いて、足や体に害を受けています。
「スニーカーは、普段履きとして一般的に最もよく履かれているタイプですが、実は足の筋力を弱め足のトラブルや健康被害を招くリスクを抱えています。

※原因@
スニーカーは、足がラクで多くの方が好んで履いています。しかし、大半の方が本来履くべきサイズより大きいスニーカーを履いていることが問題の根源です。
大きいサイズでも紐で固定されるためかかとが脱げず、履けてしまうところが問題なのです。
サイズの大きい靴は、靴前部の踏返し部と足趾の付根のMP関節部との間にズレができてしまい、趾に体重をかけた蹴り出しができにくくなり、趾の筋力が弱るとともに、かかとが上がりにくい悪い歩行バランス(すりあし)になり、足底筋や脚全体の筋力が低下します。
第二の心臓と言われるふくらはぎの筋肉の伸縮も低下し、血液循環・代謝が悪くなり、健康に悪影響を及ぼします。

※原因A大きいスニーカーは、かかとがゆるく、かかとの両側が柔らかくしっかりホールドされません。
かかとが傾きやすく、良い蹴り出しができないため、開張足を助長し外反母趾や足裏のタコやウオノメ・巻き爪など足のトラブルや膝痛や腰通を誘発します。

足に合った、かかとがしっかりホールドされるスニーカーを履くことが望ましいですが、ほとんどの方が、そのようなスニーカーを履いていません。靴公害が蔓延するばかりで健康被害が増える元凶となっています。

このようなスニーカーにベルシャン・オーダーメイドインソールを装着することで歩行バランスが良くなり、足を丈夫にします。足と体の健康にとってなにより大事なことです。

 

お問い合わせ・購入は
【池袋店】TEL:03-5911-2360
【東京日本橋人形町店】TEL:03-3662-7657
店舗情報はこちら